過払い金で借金を減額

多額の借金を背負ってしまい、中々返済が終わらないという方は、金利が高く設定されている可能性があります。いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利は、2007年以前に設定された20%以上の金利を指し、現在は支払わなくても良い金利とされています。この金利のうち、今まで支払った分を過払い金として返還してもらうことが出来れば、その分を残った元金の返済に使ったり、生活費として支払ったりと、様々な目的で利用することができます。

過払い金を手に入れるためには、弁護士に相談するのが一番です。債務トラブルに強い法律事務所では、過払い金の返還についてのサポートもよく行われているので、過去のノウハウを活かし、確実に過払い金を取り戻してくれます。どの法律事務所を利用するかについては、実際に弁護士に話をしてみて、そのときの印象が良いところを選んでおきたいので、無料相談などを使って、必ず会話をする機会を作りましょう。

過払い金がどれだけの金額になるかどうかは、過去に借りた借金の金利によって変わります。借りた金額が小額のほうが金利は高く設定されるので、特に小額を複数の消費者金融などから借りている方は、過払い金がより多く発生していると思われます。現在借りている借金の中で、過払い金が発生してそうと思われるものがあれば、なるべく早く弁護士に相談して、過払い金がないか調べてもらいましょう。返済からしばらく経っているという方も、今後の生活の負担を大きく改善できます。

Comments have been closed/disabled for this content.